朝比奈 慧
11月19日生まれ。
1991年宝塚音楽学校に入学。バレエ・モダン・ジャズダンス・声楽・日本舞踊・演劇・ピアノ・三味線等を学ぶ。
1993年宝塚歌劇団に……

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM


<< ヒーロー | main | サウナー >>
コール・ポーター

私が本物の中二だったころ、いまは四十路を通り越しても永遠の中二なんだが

当時上演中だった花組の「キス・ミー・ケイト」にめちゃくちゃ嵌っておりました。

 

言わずとしれた当時の花組のトップスター大浦みずき様のお披露目公演

当時にしては珍しいブロードウェイのミュージカル。作詞・作曲はかのコール・ポーター様。

このサントラが大好きでMGM版を最近ヘビーにローテーション状態で聞いております。

 

自分的にはあまりミュージカル脳ではないのだけど、このオーバーチュアからのわくわく感

そして東京宝塚劇場の一番標高の高い三階席からほぼ出演者の頭頂部しか見えない状態なのにもかかわらず

わくわくしていた中二の頃の思い出が相まって涙がでそうなのである。

 

中でもほぼ三階からはピンクのかつらしか見えなかったけど、真矢みきさんのジョーの役が大好きだった。

宝塚を観てお腹痛くなるまで笑ったのはあれが最初でもしかしたら最後だったも。

宝塚でもこんな面白する人達がいるんだと、うわぁ、私も宝塚に入って面白部門に入りたいと胸を熱くした。

奇しくもそれから四年後に三階の一番標高高いところにいた私があの板のうえに、そして憧れだった方々と

同じ板のうえに立つことができるとは夢にも思わなんだなのである。花組所属と決まったときには

なつめさんが築いた「踊りの花組」に何故に体育の成績が万年2、音楽学校時代はトゥシューズを履いて

踊る姿を見ているだけで、見てるこっちがケガしそうで怖いんですけどと言われた私が…と絶望した。

隣で花組配属を望んでいたが別の組に配属されてがっくりしてる同期を見て、真剣にトレードができぬものかと悩んだ。

 

いまとなっては花組で過ごした時期は大変だったけど、いい思い出。

音楽は記憶だ、いろんなことを思い出したのである。

 

で、いままで、神奈川の最果てで島流しのごとく隠居に甘んじ海ばっかり見てたけど

やっぱり歌をやろう、といや、いちからやりなおそうと思った。お金とれるレベルまでもう一度。

 

というわけで、なにかします際にはまたよろしくお願いいたします。

 

キス・ミー・ケイトの中でも一番好きな曲「From This Moment On」を私の大好きなJay Kayが

ビックバンドで歌ってらっしゃいます。なつめさんのは見つからないなぁ…やっぱり。

 

 

 

 

Posted by KEI ASAHINA | 日々 | 19:49 | - | - |